ずっと損してたdocomoのカード

以前ドコモへスマートフォンの機種変更をしに行った際にショップ店員の方から勧められてdカードGOLDを持つことにしました。私は普段あまりクレジットカードを使わないのですが、dカードGOLDは年会費1万円ほどかかるけれどポイントが貯まるというんです。ポイントは貯まっているのではとなんとなく思っていたんですが、どうやらdカードGOLDにする事で今までの10倍ポイントが貯まるようになるらしく、携帯料金が毎月1万円以上いく方だとすぐに元が取れるようになるとの事でした。私の場合はネット回線もドコモ光だったりして毎月1.5~2万円近く通信費として支払いがありました。早速契約して現在利用していますが、ポイントの貯まり方が全然違って、すぐに年会費分の元が取れてポイントが貯まっていっています。毎月必ずかかってくる費用なので非常によかったと思います。ドコモユーザーで現在シルバー会員で月々の支払いが1万円以上という方にはすごく使えるカードです。

楽天カードは王者です

楽天カード利用で常にポイントは4倍ですが、SPU制度やポイントアップキャンペーン時の際にクレジットカードを利用すれば、さらにポイントが付くので、実際に起こりうるポイント還元率はトップクラスだと思います。楽天市場のオリジナルのキャラクターの楽天パンダグッズ及び年末に販売される福袋は、楽天ポイントでなければ購入できないので、それを買うためにポイントを貯めるには必須のカードです。関根勤さんの楽天カードマンのCMもインパクトがあるし、名が世間的に知られている分、個人情報保護等の面で安心できます。年会費も無料、カードを作れば余分に数千ポイントゲットと楽天パンダのぬいぐるみゲットは確実だし、家族カードも作れるし、審査も緩くて素敵どころ満載です。

JAL JCBプラチナカードの年会費の元を取る

年会費が33480円も掛かるカードですが使い方によっては充分に元が取れます。何と言ってもJALのプラチナカードなのでJALの航空券の購入や機内販売ではマイルが4%ですので定期的にJAL便の航空券を買う人にとっては高額な年会費の結構な部分が埋まります。さらにはJCBプラチナとしての特典で高級レストランの指定コースが1人分無料になるグルメベネフィットや指定の高級レストランで人数やメニューにとらわれず30%割引になるダイニング30を利用すればあっという間にこの年会費の元が取れてしまいます。コンシェルジュサービスも使えて急な飲み会や得意先との打ち合わせのあと突然食事にいこうなどと流れ出したりしたとき等にも対応できるので、そんなことが何度かあった後、突然会社の経費の使用権限が増えたのは個人的過ぎる事ですが私がこのカードを持って最も得したことです。

イオンカードのメリットをご紹介

イオンのクレジットカードは年会費無料でイオングループでよくお買い物するという人には、お得なカードです。私も利用していますが、すぐにポイントが貯まりますし割引日が月に何度かあり、とても助かっているのでご紹介します。イオンカードはクレジット機能のみではなく、WAON機能も付いていますのでクレジットカードを利用するのに気が引ける人でも、現金でチャージして利用することができます。クレジットカードを利用してのお支払いは「ときめきポイント」200円につき2ポイント、WAONでお支払い場合は「WAONポイント」200円につき1ポイントがたまります。また、イオングループのショッピングセンターやスーパー(対象店舗)で利用すると下記特典のメリットもあります。カードを提示するだけで20日と30日はお会計から5%OFFとなり、例えば5,000円購入で250円お得になります。クレジットカードがあるのとないのとで、1回の買い物でこれだけ変わるとカードを持っていた方が断然お得です。10日はポイント5倍デーがあり、カード提示でポイントが5倍貯まります。たまったポイントは、買い物の際に利用が出来ます。私は年に1度だけたまったポイントで自分へのご褒美として、好きな物を購入しています。また、お店によってはミネラルウォーターを1日4ℓサービスしている店舗もありますので(ペットボトルは持参)節約にもなります。イオンカードは、よくイオンに行かれる方なら1枚は持っておいた方がいいと思うクレジットカードです。

私のクレカ活用術とは?

クレジットカードは、一枚しか持っていません。TSUTAYAのカードで、JCBのクレジット機能がついています。おっちょこちょいなのであまり枚数は持ちたくありませんし、引き出し口座が一つのほうが管理が楽です。そんな私は、通販や航空券を購入する時の支払いは必ずカードにしています。なぜならコンビニ支払いや銀行振込は、大抵数百円の使用料が発生するからです。手間もかかりますし……。その点カード支払いなら、手数料が0円なことがほとんどです。またTSUTAYAのTポイントカードを兼ねているので、コンビニのファミリーマートやレストランの支払いで、ポイントが貯まります。そして、1ポイント1円として使えるのが、有難いです。年間数万の支払いがあれば、年会費は発生しませんし。

JAL CARD×小田急ポイントカード

スターライアンス系のマイルを貯めるのにこれまでUnited Airline×クレディセゾンのカードしか持っていなかったのですが、ワンワールド系のマイルを貯めたいと思い、JALと小田急ポイントカードが一体になったカードを作りました。普通カードは本会員2,160円(税込)ですが、入会後1年間は年会費無料。小田急沿線沿いに住んでいるならば小田急ポイントが貯まる店舗も多く、大変便利です。PASMOオートチャージ機能も付ければさらにポイントも付きます。春先には定期券購入をクレジットカード払いにすればボーナスポイントがもらえるなど、季節ごとにお得なキャンペーンも実施。貯まったマイルとポイントはそれぞれ使えるだけでなく、相互に交換もできるのが大きな魅力だと思います。

お得な楽天カードの利用方法

楽天カードは年会費が永続的に無料になるお得なクレジットカードです。それだけでなく、ETCカードも利用すればさらに楽天スーパーポイントが貯まります。ETCカードの場合はダイヤモンドまたはプラチナ会員であれば年会費が無料となりますので、楽天市場でよくショッピングされる方や楽天カード決済金額が多い方はこの基準を満たすことが簡単なので、ETCカードの年会費も実質無料となります。また、楽天カードが提携している飲食店で楽天カードにて支払いを済ませることでポイントが倍増するキャンペーンも行っていますので、使えば使うほどポイントも増えていき、そのポイントで楽天市場でショッピングが出来ます。消費者の強い味方と言えるクレジットカードです。

楽天カードで貯まったポイントの有効活用法

楽天カードで貯まったポイントは、最近マクドナルドで頻繁に利用しています。ポイントが貯まっているけど、楽天市場で買いたい物が特に見つからない時の便利な利用方法です。使い方はとても簡単です。オーダーした後で、スマホのアプリのバーコードを提示し「ポイントで払います」と伝えるだけでいいんです。ポイントは常に1ポイント=1円が基本です。例えば、400円のバリューランチをオーダーすると、持っているポイントから400ポイントが消費されるのです。でも嬉しいことに、ポイント利用の支払いにも、ポイントが付いたくるのです。付与率も100円につき1ポイントですから、4ポイントが付与されます。お得感満載のポイント利用法を是非お試しくださいね!

クレジットカードの選び方

クレジットカードを新しく作成したい…という方も多いのではないでしょうか。クレジットカードを新しく作る場合、気になりがちなのが、年会費の有無だったり、付帯サービスだと思います。もちろん、これらの年会費、付帯サービスも考慮するべきですが、ある程度使うことを考えて見ると、ポイントの還元率で選ぶ必要があるといえるでしょう。クレジットカードは、ポイントの還元率が、そのカード会社によって異なります。ポイントの還元率が高ければ高いほど、それだけポイントが貯まりやすくなり、ギフトカードなどと交換することが出来るようになります。普段の光熱費、水道料金などを支払うだけでもポイントが貯まり、それだけお得になることが多いのです。

持っていると得するクレジットカード

クレジットカードは、使うたびにポイントが付いてとてもお得です。200円で1ポイントの場合、10万円のお買いもので500ポイント、つまり、現金500円分として利用できるわけです。私の場合は月々の家賃もクレジットカードで決済していますので、毎月1000ポイント以上のポイントが付与されます。最近はカード決済に対応している不動産屋さんも多いので、物件を選ぶ時の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。さらに、クレジットカードは紛失した場合でも安心です。サポートデスクに連絡すれば、すぐに使用停止の措置をとってくれますので、不正に使われる心配がありません。財布を落としてしまえば、交番に届けても中の現金は諦めるしかないですからね。クレジットカードは、現金よりもお得で安心だと思います。