クレジットカードのリボ払いはカード会社が得するだけ

クレジットカードでリボ払いという支払方法があります。リボ払いとは毎月の返済額を利用者が決めて返済する方法で利用者が無理しないで返済できる方法に見えますが、実はカード会社が売り上げを上げるために利用者に漬け込サービスです。カード会社は利用者の年会費と手数料で売り上げを得ているのですが、手数料の中でリボ払いの手数料で多くの売り上げを出しています。最初にカードを作ると必ずと言っていいほどリボ払いのサービスを勧めてきます。しかし、リボ払いは年利が高くて15%~18%になります。例えば、5万円を利用するとして毎月1万円に返済するとして年に9000円の手数料を払うことになります。したがって、リボ払いはクレジットカードを初めて持つ人などにはお勧めできません。

クレジットカードで服をお得に買う方法

ショッピングをするときに、クレジットカードを持っていると便利ですよね。1枚でも財布に入っているだけで、買い物中に欲しいものを見つけたけれど現金が足りないというときに使えるので安心ですよね。都市部にお住まいのショッピング好きの女性であれば、エポスカードやルミネカードもおすすめです。エポスカードは丸井で、ルミネカードはルミネでお買い物するときに使うとお得ですが、どちらも年に何度かクレジットカードでお会計した際に商品を10%引きで購入できるキャンペーンをやっています。例えば10000円の服を買ったとしたら1000円割り引きしてもらえることになるので、このキャンペーンを使うことで欲しいものをお得に買うことができます。年会費もかからないので、持っていて損はないでしょう。