滞りないクレジットカード利用はローンが通りやすい?

クレジットカードは長期間滞りなく使えば使うほど、ローンが組みやすくなる。と言う話は聞いたことがありますか?クレジットカードとローンは別でしょと思うこともあると思います。実はクレジットカードは一時的に借金をしていることと同じなのは知られていると思いますが、それだけではないんです。そこには信用情報というその人がお金の面ではしっかりしている人なのかを信用調査会社によって情報化され、銀行等でローンやクレジットのサービスを提供してよいのかを判断する基準となっているのです。当然支払いの滞納が多ければその情報を元に銀行はローンなどを組む場合拒否しますが、逆に信用がある人だとわかれば審査時間も短くすんなりローンが通る場合もあるほどなんです。更にはクレジットカードの使用は嫌いだからといつも現金支払いの場合は、信用情報が成長していかないので大きな買い物以外でも、こまめに使ってレシート管理をしすぐに入金しておけば信用情報は地道につみあがっていきます。そうすれば、車のローンなども通りやすくなるので、クレジットカードとローンの関係は切っても切れない関連性があるんです。